日別アーカイブ: 2018年4月6日

憧れのビサージュシリーズ・パープルメモリー

以前にお話をしておりました1991年に鶴田先生の版画処女作品と発表されましたビサージュシリーズのパープルメモリーが入庫する予定となりました。

予定?・・・・まだ現品を確認しておりませんので・・・予定とさせて頂きます。

コレクターの方の作品ですので大切に保管されていた作品ですから問題が無いと思うのですが・・・・念の為^^

1991年・・・・今から約27年前・・・まだ鶴田先生が活動する場はノエビアのCMだったり企業のイメージPR広告が多かった時頃でございます。

当時まだ原画作品だけで作品にはサインも入ってなかった作品が多かったように記憶しております。

わたくしが若年から学んでおりました画廊のオーナーさんが鶴田先生に版画を作りませんか?とご提案した事から始まりました。

確か、版画を作っても売れないから・・・・と先生も当初は快諾では無かったような記憶があります。

そこでオーナーさんが任せてくれ!と一任を取り制作が決まりました。

このオーナーさんの先見の明も凄い限りで企画力・決断力・行動力には学ぶことばかりでした。

その時に若年でしたが微力ながら制作に携わらせて頂いて頂いた次第です。・・といっても荷物持ちに近い扱いでしたが!*_*

制作にあたっては現在のようなデジタルは無いのでポジフイルムで原画を撮影して原画決め・色決め・校正や色校正・・試し刷りのやり直し等、すでに発表会の日程が決まっておりましたのでそれまでの期間は深夜・徹夜は当たり前でなんとか発表会に間に合わせる事が出来ました。

ED (限定枚数)75枚

純粋なリトグラフにて制作して鶴田先生に手彩を入れて頂いた作品でした。

本当に素敵な作品に完成しました。

そして周りの心配をよそに発表会の時には販売予定枚数が2日弱で完売して鶴田先生の作品力に驚いた次第です。

何を語るにしても必ず出てくるビサージュシリーズの中でも人気のあった作品の一つがパープルメモリーでした。

昔の画像から添付しておりますので現品の色目が出ておりませんが、現品はそれはそれは素敵なパープルを使用しております。

次の岡崎展に展示予定です。

是非、現品をご覧になられてください。

*万が一、検品段階で良くない場合には出品は取りやめその旨お知らせいたします。

鶴田先生のルーツとなる作品をお楽しみに!

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,

ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,

美術品買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,

画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,

代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA、kazuhiko tamura,