アールデコ

昨年の終わりにホームページよりお問い合わせを頂いておりましたお話が昨日成約となりました。

買取でのお話でしたが・・・・・・・

作家は

*画像はイメージです。

あのルイ・イカールです。

3点買取をさせて頂きました。

名古屋にある某有名百貨店にルイ・イカールの特別サロンがあった事でも有名でございます。

また作品は戦時中を掻い潜っておりますのでシートにダメージのある作品が多い事でも知られております。

ルイ・イカールをお探しの方はダメージに気をつけてください。

マットで隠してあったりするものをあります。

安価だから飛びついて購入してみたらシートが焼けていたりサインが消えていたりなどのトラブルを耳にしたことがあります。

簡単なプロフィールです。

ルイ・イカールはアールデコ時代にフランスで活躍した画家であり、時代の空気を今に伝える重要な作品を数多く残した。イカールは華やかな女性たちを繊細で優雅なタッチで表現し、第一次世界大戦を生き抜いた独自の戦争観でエッチング作品を多く生みだした。中でも、イカールの絵に出てくる女性は皆、妖艶な魅力をかもしだす。1950年62歳で没するまで、数々の作品を世に送り出し続けた。作品の大半は銅版画で、複雑なテクニックを駆使し、手彩色を加えるなどして、心理の微妙なきらめき、時代の趣味やリズムが生き生きと反映されたものとなっている.

ルイ・イカール略年譜


1888年9月12日  南フランス、トゥールーズ市に生まれる。
1905年(17歳) パリで絵はがき工房の仕事を得る。エッチングやリトグラフなどの技術を習得。
1912年(24歳) バルセロナで最初の個展
1913年(25歳) ワグラム画廊がイカールの作品をアメリカ合衆国に販売。
1914年(26歳) ゲント(ベルギー)の展覧会に出品、栄誉賞受賞
1918年(30歳) 第一次世界大戦が終わり、11月復員。
1920年(32歳) ファニー・ヴォルメールと正式に結婚。シモンソン画廊で油彩画の個展。
1922年(34歳) ニューヨークの百貨店の画廊ベルメゾンで個展。
1923年(35歳) アメリカ合衆国内の個展巡回のためフィラデルフィアへ。
1927年(39歳) レジオン・ドヌール5等勲章受章。
1932年(44歳) ニューヨークのメトロポリタン画廊で油彩画の展覧会。
1933年(45歳) デュマ・フィス作「椿姫」のポスター制作。
1940年(52歳) ドイツ軍侵攻をテーマにした連作「エクソダス」を制作。
1944年(56歳) パリ解放とともに版画制作再開。
1950年(62歳) 12月30日モンマルトルの自宅で死去。

T様、ありがとうございました。たくさんある業者の中から選んで頂いて感謝申し上げます。

他の作品も是非取り扱いをさせてくださいませ。

宜しくお願い申し上げます。

 

毎年の傾向ですが、寒い時期には企画展を入れておりませんので買取・委託のお話が進みやすいです。

自然と諸条件も良い傾向にありますので買取・委託をお考えの方は寒い時期にどうぞ!

でも・・・暖かくなる3月からは動きますよ~^^

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,