「その他」カテゴリーアーカイブ

毎日暑い日が続きます。

皆様くれぐれも熱中症には気を付けてください。

わたくしも以前勤務していて、まだ現在よりも若い頃ですが真夏に会社の施設の屋根に登って木を切っていて1時間くらい経った頃に気分が悪くなったので休んでいたところ段々意識が遠くなっていて気がついたら全身水びたしの中で起きた経験がございます。

倒れてからスタッフが全身にホースで水を掛けてくれたそうで、水をかけて意識が戻らなかたっら救急車を呼ぶところだったようです。

今から考えると体力に過信をして真夏の炎天下に屋根に登ってそれも屋根はソーラーパネル並みの光を反射する洒落た素材の屋根でしたから上からも下からも熱を受けてわたくしは作業をしていたわけで・・・・倒れるのは時間の問題でした(*_*)

それからは体力を過信せずに行動するようになりました。

7月でこの暑さです。

まだまだ暑くなるそうですので注意して日々過ごしていきたいものです。

どうしても暑さが優先してしまいますが、皆さまの夏を楽しんでください。

 

 

 

 

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市 田村和彦#名古屋 田村和彦

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

新幹線

一昨日から昨日までの二日間、朝9時30分にJR鶴舞駅に行って行列に並んで来月のJR新幹線の指定席を確保してきました。

7/18は8/18の予約・7/19は8/19の予約が可能で来月の鎌倉展のスタッフさん用です。遠い豊田市から来て頂くので希望時間の指定席確保が第一目標でした。

最初はいつも通りに旅行代理店にお願いをしていたのですが希望のホテルが取れずで付随していた新幹線のチケットもお流れになったので、初体験でしたが直に出向いて予約してきた次第です。

JRのみどりの窓口では10時に一斉予約が始まるのですが、1分前からは時報が鳴り出して10時丁度には係さんが予約する端末を見事の速さで操作しておりました。

並んでいる予約希望者も皆さん時間と勝負な事を知っているので清算もスムーズに終えて次の方に繋ぐ協力していたのが印象的でした。

あんな博打のような感じで乗車券を予約しているなんて知りませんでした。

駅員さんが言ってましたが8/11,12,13辺りの予約希望者の数は凄かったみたいです。

とりあえず希望通りの指定席が確保できて良かったです。

ちなみにホテルは知人にお願いして確保が出来ました。

車移動が中心なので渋滞は当たり前のように思っておりましたが、公共機関は車のような渋滞が無いのと断然移動時間は短いので楽なんでしょうけど・・・・・年齢のせいもあるんでしょうか?時間がかかっても自動車の方を選んでしましますね!

皆様はどうでしょうか?

それでは良い週末をお迎えください^^

 

 

 

 

 

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市 田村和彦#名古屋 田村和彦

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

謹んで大雨被害のお見舞いを申し上げます。

謹んで大雨被害のお見舞い申し上げます。

このたびの大雨などによる自然災害により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げますとともに一日の早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

artbond  田村和彦

 

 

 

 

 

 

 

愛知県.愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,

鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品

買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎

展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦

,KAZUHIKO TAMURA、kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

オークション

先週末にお電話にて所有されている作品を買取してもらうか&処分したいとのお問い合わせを頂きました。

検討されている作家は北大路魯山人の陶器類です。

わたくしも出張中でございましたのでその陶器類を画像で送って頂き、いろいろお話をさせて頂いて今回はオークションへ出品される事にされました。

*画像はイメージです

本来なら買取でお話をさせて頂ければ弊社のプラスにもなるのですが、買取で収益を上げる気が無い事も一つ&名前のある作家・作品であれば買取よりもオークション出品の方がオークション会社への手数料も考慮しても買取よりも高値で手放す事が出来る事ケースが多い事等から今回はオークションへ出品をお勧めさせて頂きました。

お問い合わせを頂く前に大手買取専門の会社へ打診されてかなり気分は↓されておりましたが、現状の作家・作品の評価や買取のシステム等をリアルにお話してご納得頂けたようで良かったです。

ご自身の大切な美術品を訳あって手放さないといけなくなる事もございます。

そんな時はお気軽にご相談ください。

出来る事・出来ない事もハッキリとお伝えして、ご質問・ご要望に前向きに感じよくご対応させて頂きます。

*尚、言葉使いや態度の悪い方等とのお取引は全く望んでおりませんのでお断りさせて頂きます。ご了承の程お願い申し上げます。

弊社の判断とさせて頂きます。何事も気持ちよくさせて頂きたく存じます。

また同業者・関係業者の方からのお問い合わせにも感じよくお断りをさせて頂きますので併せてご了承の程お願い申し上げます。

 

*岡崎展でご成約を頂いた作品の額装が22日に届く予定でございます。

検品後。随時ご連絡を差し上げます。

また鶴田事務所へ別に特別依頼のある作品に関しては現在鶴田事務所に作品は届いてお願いをしておりますので、依頼内容が完了して弊社に届き次第に随時ご連絡をさせて頂く予定にしておりますので、もう暫くお待ちくださいませ。

 

それでは今週も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,

ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,

美術品買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,

画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,

代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA、kazuhiko tamura,

加山又造

先月にホームページからお問い合わせを頂いたお客様より昨日買取をさせて頂きました。

作家名は加山又造、個人的にも好きな作家さんで個人的も作品も持っております!^^

作品は代表的な銅版画でメゾチントです。

*画像はイメージです。

この銅版画の作り方は割愛致しますが、技術と根気と気持ちが必要な本当に敬意を表する本当の芸術作品ではないでしょうか!

銅版画・メゾチント・アクアチント・エッチング・ドライポイト・ンエングレーヴィングなど時間があったら検索してみてください。本当!無理です(*_*)

 

加山又造プロフィール】
加山 又造 (かやま またぞう1927~2004年) 日本画家、版画家
日本の美術界100年に一人の天才と言われ、「伝統と革新」を作品制作の軸として
日本の様式美に現代の革新的な手法を取り入れながら独自の表現を生み出した。

1927年9月24日、京都市西陣の和装図案家の子として生まれる。
1944年 京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高校)絵画科を修了。
1949年 東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科を卒業。山本丘人に師事。
1966年 多摩美術大学日本画家教授に就任。
1973年 第5回日本芸術大賞受賞。
1980年 「月光波濤」で第30回芸術選奨文部大臣賞受賞。
1984年 身延山久遠寺大本堂天井画「墨龍」を完成。
1988年 東京藝術大学美術学部教授に就任。
1990年 パリ・ギャルリー・ド・フランコニーにおいて「加山又造展」が開催。
1993年 中国、北京中央美術館と上海美術館で「日本加山又造美術作品精選展」が開催。
1995年 東京藝術大学美術学部日本画科教授を退官し、名誉教授に。
1996年 大英博物館で「加山又造展」が開催。
1997年 天龍寺法堂天井画「雲龍図」を完成、同年、文化功労者として顕彰。
2003年 文化勲章を受章。
2004年4月6日 都内にて76歳で逝去。

 

 

情報を検索しておりましたら偶然に加山又造展が大々的に開催されるようです。テレビ東京で特集も組まれて番組も見れるそうですが、普段では見ることの出来ない作品も多々鑑賞できるようです。

https://rematazo.tokyo/#home

株式会社テレビ東京/株式会社グッドスピード/株式会社企業家倶楽部は2018年4月11日(水)~5月5日(土・祝)で加山又造アート展 『 Re 又造 MATAZO KAYAMA 』 を東京・渋谷区のEBiS303イベントホールにて開催します。
本展では、原画作品だけではなく、2016年5月に開催されたG7伊勢志摩サミットの会場で展示した陶板美術「おぼろ」を展示、映像演出で世界観を表現します。また、身延山久遠寺の天井画「墨龍」を原寸サイズで会場天井に再現します。前売券は2月10日(土)10時から販売開始です。新しい加山又造の世界にご期待ください。

 

なんと

なんと身延山久遠寺の天井画「墨龍」を原寸サイズで会場天井に再現されるそうです。(画像右側)

この展示会の

introduction・・・

アートは敷居が高いものと思っている人の楽しみ方を少し変えたい
アートは最高のコミュニケーションツールになるはずだ
そんな想いから、今回のアート展は始まりました。

絵という“モノ”をただ鑑賞するのではなく
加山又造の人生や作品の背景にある物語を知り
皆さん自身と共通の“コト”を感じてもらいたい
そして、その視点を通して作品を鑑賞することで
今までと違うアートの楽しみ方に触れてもらいたい

このアート展を通して、 自分の世界観と共感する作品に出会ったら、親しい友人に、そして家族に伝えてみて欲しいと思います。

アートを通じて一番親しい人ともっと繋がれる

 

たまたま偶然に加山又造の作品の買取から情報を検索しましたらリアルタイムでヒットしてしまいましたが日本を代表する作家の作品を大々的に見るチャンスは多くありません。会場は東京になりますが、この機会に是非ご覧ください。

 

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,

ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,

美術品買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,

画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,

代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA、kazuhiko tamura,