「籔内佐斗司」カテゴリーアーカイブ

🐗 🐗 猛進坊 🐗 🐗

先日ご紹介致しました籔内佐斗司氏の来年の干支シリーズの中型サイズが発表されました。

サイズ・価格は↑   作品タイトルは猛進坊

猪突猛進・・・・来年突っ走りたい方には最適です^^

この作品は中サイズになりますので近日中には大サイズのご案内が出来ると思います。

ここまで人気が出たのは作品の面白さや知名度もさることながら、ご本人&ご家族で亥年がいらっしゃる方が所有すると縁起が良く福運訪れると言われてます。

 

また過去の作品の一覧も掲載されておりましたので、ご紹介致します。

辰・寅・兎は弊社顧客様には人気がございました。案の定完売になっておりました。

まだ作品が残っているのもあるのでご自身の干支作品がございましたら如何でしょうか?

ちなみにわたくしも中・小サイズを所有しております^^

それでは大サイズの十二神将シリーズのご案内もお楽しみに!!

弊社顧客様(籔内氏ファンの方のみ)には近日中にご案内を送らせて頂きます

 

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

佐藤玄々<朝山>

こちらも毎年大人気の籔内佐斗司(やぶうちさとし)の近作を集めた おなじみの賑やかで美しいカレンダーが発表されました。

ご予約は、こちらから
https://yabuuchisatoshi.shop-pro.jp/?pid=136540045

 

 

そして籔内佐斗司氏がお勧めする企画展のご案内です。

少し遠いですが・・・・・興味のある方は是非ご覧ください。

*画像は共にお借りしました。

『近代彫刻の天才 佐藤玄々〈朝山〉』展が、10月27日〜12月16日まで福島県立美術館で開催中です。

1888年福島県相馬郡の宮彫り師の家に生まれた佐藤玄々(朝山)は、木彫家・山崎朝雲に弟子入りし、早熟の天才的彫刻家として高い評価を得ました。そしてパリのブルデルのアトリエで西洋彫刻を学び、帰国後は日本の木彫と西欧の近代彫刻を融合させた巨匠として活躍しました。彼の代表作としては、皇居前の和気清麻呂像と三越日本橋本店の「天女像(まごころ)」があります。しかし、馬込のアトリエにあった初期の代表作を空襲で焼失したことや、強烈なキャラクターに対する忌避感などが原因となって、戦後の美術シーンからは忘れられた存在になっていました。

今回は福島県で初めての大回顧展となります。会場では、東京藝大文化財保存学特任准教授・山田修氏による三越「天女像」の3D映像を横10m、縦5mの大壁面に投射して、彼の巨大な代表作を余すところなく見ることができます。また同じく藤曲隆哉講師による和気清麻呂像試作のX線画像の解析によって、制作過程の改変を見ることができます。

本展では、頭でっかちで美しさを忘れた現代美術にはない芸術が本来持っている豊穣な装飾美を再認識することができます。明治から昭和に掛けて生きた天才彫刻家の軌跡を、ぜひこの機会にご覧下さい。

*1913年に朝山の号を貰い独立。

*皇居前の和気清麻呂像と三越日本橋本店の「天女像(まごころ)」があるんですね、お近くへお越しの際には一度見てくださいませ!!

 

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

取扱内容

 

お世話になります。

時々頂くのですが、先日メールにてお問い合わせを頂きました。

御社は鶴田一郎しか扱っていないのですか?との内容です。

どうしても企画展を行う機会が多いので鶴田一郎氏の名前が多くなりますが、このホームページの取り扱い作家欄にございますようにその他日本画・洋画・陶器・ガラス工芸品・彫刻・ポップアート・インテリアアート等の取り扱いを行っております。

多くの取り扱い実績もございますので安心してお取引して頂けると思います。

また大切にされている作品の手放し方のご相談もさせて頂いております。

買取専門店に打診されてガッカリという方が多い中、今一番高価に手放す方法をご提案させて頂きます。

弊社は買取では商売するつもりはございませんのでリアルに一番良い方法をお伝えさせて頂きます。やるやらないは皆様でお決めくださいませ。

かなりの時間、この美術業界で過ごしてきましたので表裏も知っております。

ご相談だけでも全然構いません。

但し、同業者さんはご遠慮くださいませ。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

愛知県,名古屋市,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,

ガラス工芸品,買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品買取,版画買取,

絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会

artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,

 

でたぁぁ

もうすぐ11月・・・・・そう籔内佐斗司氏のブロンズ干支シリーズの小サイズが発表されました。

来年の干支は亥・・・・・遂に、でたぁぁ*画像はホームページよりお借りしました。

ED270

価格151200円(税込)

 

亥・・・・・??に見えないところが籔内流^^

毎年めちゃくちゃ売れます。福運を運ぶ木彫・ブロンズと言われておりますので経営者の方や事業に関係されている方・受験されるご家族や運を味方につけたい方等々多くの皆様に親しまれている作品です。

毎年収集されている方もいらっしゃいます。

中には十二支×2回分の干支シリーズをお持ちの強者が何人もいらっしゃいます*_*・・・コレクションえらいことになってますm(__)m

籔内佐斗司氏はマスコミ関係の露出も大変多いので知名度&人気があります。

人気だけではなく芸術系大学の最高峰 東京藝術大学の教授もされているので・・・・完璧でございます。

動画もございますので、是非ご覧ください。

https://youtu.be/jT8GcqX8PNI

ちなみに木彫は

*画像はホームページよりお借りました。

弊社籔内佐斗司氏のファンの顧客様には中サイズ・大サイズが発表されてから、ご案内させて頂きます。

来年も良い事が多くありますように!!

籔内佐斗司氏の亥の吉の紹介でした。

籔内佐斗司氏の木彫・ブロンズ作品のお問い合わせはホームページお問い合わせ欄よりどうぞ!

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

知ること

台風24号が日本列島を縦断していきました。なるべく被害がひどくならないよう祈るばかりです。

自然の猛威には対抗出来ず、せめて被害を受けても最小限に留めることが出来るように心がけたいです。

先週末に掲載しました続編です。籔内佐斗司氏のホームページからお借りしました。

「西日本大水害に思うこと」の続編
7月13日付けで「西日本大水害に思うこと」と題して、北海道の森林における針葉樹や単一樹種の皆植林・皆伐採の危険性と、代替電力用に急造されている風力発電や太陽光パネルへの危惧を書きました。残念なことに、この夏に日本を次々に襲った強い台風と、9月6日未明に北海道で発生した震度7の地震によって、その危惧が現実化してしまいました。
北海道厚真町の山林で起きた広域の土砂崩れの画像(読売新聞写真部)は、わが国の山林がいかに深刻な病弊に陥っているかを如実に物語っています。私はこの写真を見て、背筋が寒くなりました。これが、もう少し人口の多い地域で起こったらどうなっていたことか。。。
また、風力発電の巨大風車や太陽光発電パネルが、風や雨にいかに脆いものであるかが、次々に証明されています。世界各地で、風力発電の風車が火災事故を起こしたり、絶滅が危惧される大型の鳥たちに甚大な被害を与えていることも報告されています。代替電力への転換と売電事業が、安易な補助金目当てで休耕地や山林を蝕んでいることへの猛省が、官民ともに求められていると思います。
今、確実に進行しつつあることを、まず国民ひとりひとりが正確に知ることが、なによりも大切だと思います。

西日本大水害に思うこと
http://www.uwamuki.com/j/newsJ-f.html

 

 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,