「その他」カテゴリーアーカイブ

お問合せ

今年に入ってからお問い合わせを頂いておりまして・・・・・某サイトに出ている作品の真贋?や既に購入された作品の真贋?や過去に購入されました作品の査定等々、その他にも国内オークション出品について等数多く頂いております。

また情報通から・・・セカンドマーケットとはいえ・・・安価に出されて作家のイメージや相場を著しく損なう行為をされている方がおられるようです。

ここでは割愛させて頂きますが、詳細も聞いております。

 

それでは弊社のご案内です・・・・・


 

artbondは・・・・・

・海外・国内の美術品全般を中心に販売・買取致します。

・美術展・作家による展示会のプロデュースを行います。(企画展内容・会場確保・期間・集客方法・集客・販売まで全部ご相談させて頂き展示会の成功へと導きます。)

・海外・国内のオークション代行(お手持ちの作品で不要になった作品などを高値で売買する事が出来ます。)

・海外で作品をお探し致します(特にリキテンシュタイン・ウオーホル

ウェッセルマン・ジムダイン等ポップアートなどを得意としております)

・琳派後継者の鶴田一郎正規取扱い店

・籔内佐斗司の取り扱い店

等を行っております。

その他の美術品に関しましてのお問い合わせも受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!

*同業者様はご遠慮くださいませ。

 

爆発だ💣

週末にいろいろCMや番組で取り上げられてましたが・・・・・・

 

芸術は爆発だ!!・・・・岡本太郎展が開催されてます💣

 

 

 

《太陽の塔》で知られる芸術家・岡本太郎(1911-1996)の大回顧展を開催します。

1929年に渡仏した岡本太郎は、抽象表現に影響を受けながら画家としてのアイデンティティを確立していきます。

帰国後、自らの芸術理念の核となる「対極主義」を提唱し、制作だけではなく『今日の芸術』、『日本の伝統』などの書籍を通じ文化・芸術論を展開。《太陽の塔》を頂点とするパブリックな空間に展開する巨大な彫刻や壁画など生活の中で生きる作品群は、「芸術は大衆のものである」という岡本太郎の信念そのものを象徴し、それ故に没後もなお、多くの人々を惹き付けています。

本展では岡本太郎の代表作を網羅しつつ、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども紹介します。

基本情報

[会期]
2023年1月14日(土)~3月14日(火)
[会場]
愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
[開館時間]
10:00-18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
[休館日]
1月16日(月)、2月6日(月)、2月20日(月)、3月6日(月)
[観覧料]
一般 1,800(1,600)円
高校・大学生 1,400(1,200)円
中学生以下無料※( )内は前売券および20名以上の団体料金です。
※上記料金で本展会期中に限りコレクション展もご覧になれます。
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛護手帳)、特定医療費受給者証(指定難病)のいずれかをお持ちの方は、各券種の半額でご観覧いただけます。また付き添いの方は、各種手帳(「第1種」もしくは「1級」)または特定医療費受給者証(指定難病)をお持ちの場合、いずれも1名まで各券種の半額でご観覧いただけます。ローソンチケットほかでお買い求めいただき、当日会場で各種手帳(ミライロID可)または特定医療費受給者証(指定難病)をご提示ください。付き添いの方はお申し出ください。
※学生の方は当日会場で学生証をご提示ください。
[外部サイト]
展覧会公式サイト:https://taro2022.jp

展覧会公式Twitter:@okamototaro2022

[主催等]
[主催] 愛知県美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代振興財団、川崎市岡本太郎美術館、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部

[協賛] NISSHA、三井住友海上

[お問い合わせ先]
ハローダイヤル
050-5541-8600(9:00~20:00 年中無休)

関連イベント

お知らせ

お知らせ

弊社の年末年始の休業のお知らせです。

年末年始休業

期間2022年12月28日(水)~2023年1月5日(木)

営業開始2023年1月6日(金)より

尚、弊社顧客様に関しましては休業期間内いつでもご連絡は可能でございます。

何なりとお申し付けください。

いつものHOTLINEでお願い致します。

宜しくお願い申し上げます。

お知らせ

お知らせ

弊社の年末年始の休業のお知らせです。

年末年始休業

期間2022年12月28日(水)~2023年1月5日(木)

営業開始2023年1月6日(金)より

 

尚、弊社顧客様に関しましては休業期間内いつでもご連絡は可能でございます。

何なりとお申し付けください。

いつものHOTLINEでお願い致します。

宜しくお願い申し上げます。