「企画展」カテゴリーアーカイブ

水木しげる 魂の漫画展

お客様より紹介してください!とご依頼を受けました・・・・・・・昭和世代にはタマラナイ^^

岡崎市美術博物館では開館25周年を記念して企画展「水木しげる 魂の漫画展」の開催が始まりました。

 

開館25周年記念「水木しげる 魂の漫画展 」

会期:令和3年7月31日(土曜日)から 9月26日(日曜日)まで

 

このたび、岡崎市美術博物館では開館25周年を記念して企画展「水木しげる 魂の漫画展」を開催いたします。
水木しげる、本名・武良茂(むらしげる)は、1922年に生まれ、2015年11月に惜しまれながら亡くなるまで、その93年間の生涯を現役で在り続けました。鳥取県境港で幼少期を過ごした茂は、武良家に出入りしていた近所の“のんのんばあ”に連れられて見た『地獄極楽絵図』に心を奪われ、以来、目に見えない世界に魅入られるようになります。
その後、成年となった茂は戦地に召集され、激戦地・ラバウルで理不尽に多くの命が失われていく様を目の当たりにするとともに、自身も片腕を失い、生と死の境をさまよう壮絶な体験をします。

復員後、茂は、この過酷な体験からますます見えない世界に注目し、魂や妖怪たちが往来する世界に創作のヒントを見出すようになるのです。
40歳を過ぎた遅咲きのメジャーデビューを果たすまでの極貧生活時代から、押しも押されもせぬ超人気作家になってからも、水木しげるは片腕で独自の画風を模索し続けながら、かつて失われた命への慰めと、この世に生きる人々へのメッセージともいえる作品を全身全霊で描き続けました。
そう、水木しげるの世界には「魂」が宿っているのです。
「ゲゲゲの鬼太郎」に代表される妖怪漫画で有名になった水木ですが、ユーモアと皮肉、想像力あふれる短編の数々や、己の体験を基にした誰にも真似できないリアルな戦記物など、妖怪以外の漫画作品においても高い評価を得るようになります。

また、近年発見された、デビュー前に描いたスケッチや絵の数々からもその画力の非凡さがうかがわれ、漫画家としてのスケールの大きさを改めて世に知らしめています。
本展覧会は漫画家・水木しげるのこうした多才な画業に迫り、その作品の尽きない魅力を改めて探求しようとするものです。作品一つ一つに込められた「魂」を存分に味わっていただければ幸いです。

会   期  令和3年7月31日(土曜日)から9月26日(日曜日) 50日間
主   催  岡崎市美術博物館、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部
後   援  愛知県教育委員会
企画協力  水木プロダクション
制作協力  NHKプロモーション

会   場  岡崎市美術博物館
開館時間  午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日    毎週月曜日、8月10日(火曜日)、9月21日(火曜日)
*ただし、8月9日(月曜日・振休)、9月20日(月曜日・祝)は開館
観 覧 料  一般[高校生以上] 1,200円(1,100円)/中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
*各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料(各種手帳を提示)

↓WEB割引はこちらをクリック↓

WEB割引

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

 

展示構成

プロローグ 水木しげる劇場 ~波乱万丈人生紙芝居~


「ゲゲゲの鬼太郎」1985年

©水木プロダクション

第1章 武良茂アートギャラリー ~少年天才画家あらわる!~
少年時代から非凡だった武良茂の絵画作品の数々。

第2章 水木しげる漫画研究 ~片腕で生み出す独自の画法~
水木漫画ができるまでの舞台裏公開!

手帳、スクラップブック、人物スケッチ、筆と絵の具。

第3章 水木しげる人気三大漫画 ~鬼太郎/悪魔くん/河童の三平~
代表作である三作品の誕生秘話と時代と共に歩む作品の人気に迫る。

第4章 総員玉砕せよ! ~壮絶な戦争体験記~
自らの悲惨な戦争体験を描いた作品は後世に残すべき日本人の遺産。

作品原稿、ラバウルでのスケッチ、太平洋艦隊のプラモデル他を展示。
【当館の所蔵する戦時資料も併せて展示】

第5章 溢れる好奇心 人物伝


「悪魔くん」1985年

©水木プロダクション

近藤勇、ヒットラー、そして南方熊楠。

独自の視点で個性的な人物を描いた水木しげる。

第6章 短編に宿る時代へのまなざし
多彩な短編作品には時代を映しだす「ほがらかなニヒリズム」が貫かれている。

第7章 妖怪世界へようこそ
妖怪画(カラー/モノクロ)、ブロンズ像、フィギュアなどを展示。

第8章 人生の達人 水木しげる
初公開作品であり事実上の絶筆となった「虫の絵本」や、

名言の数々と有名キャラクターが合体した作品を展示。


「総員玉砕せよ!-聖(セント)ジョージ岬・哀歌-」1989年

©水木プロダクション

エピローグ 水木しげるインタビュー映像~好きなことをやりなさい~

 

関連イベント

トークイベント 「コロナから改めて考える目に見えないものの存在」    ※事前申込制

講 師  飯倉義之氏(國學院大學准教授)

島田尚幸氏(あいち妖怪保存会共同代表)

聞き手   今泉岳大(当館学芸員)

日 時   9月4日(土曜日)午後2時から3時30分
場 所   当館1階セミナールーム
定 員  30名

参加費  無料
申込期間  7月31日(土曜日)から8月18日(水曜日) 〆切(必着)

※1度の申込みは2名まで。事前申込制。申込者以外の参加不可。応募多数の場合は抽選

あいち電子申請申込みフォームからお申し込みください。

>>あいち電子申請 申込みフォーム<<

ギャラリートーク

日 時  8月15日(日曜日)、9月18日(土曜日) 各日とも午後2時から
担 当  当館学芸員
会 場  当館1階展示室
参加費 無料 ※ただし、当日の観覧チケットが必要です。

同時開催 【サテライト企画展-おかざき妖怪発掘プロジェクト】 今よみがえる!おかざき妖怪の森-化け猫からオカザえもんまで

(1) 特別展示「今よみがえる!おかざき妖怪の森-化け猫からオカザえもんまで」
内容/岡崎の妖怪にまつわる伝承や説話を取り上げ、美術家・松岡徹によるビジュアル化した妖怪画とともに紹介します。

また、オカザえもんによるオカザえもんの妖怪画や岡崎アマビエの原画をコーナー展示します。
場所/岡崎市美術博物館1階ギャラリー
参加費/無料
(2) ワークショップ 〈クイズラリー「恩賜池を探索して妖怪を探そう」〉
内容/美術博物館のそと、恩賜池などを探索してそこに隠れた妖怪を探してみよう。

全部見つけた人は受付で答え合わせをして景品をゲットしよう。
場所/岡崎中央総合公園恩賜池周辺
参加方法/館内受付にて参加用紙を配布
受付時間/午前10時~午後4時
参加費/無料
(3) 岡崎にまつわる妖怪情報募集「教えて!あなたの近くにいる妖怪」
内容/ 市民の皆様が知っている、また身の回りにいる妖怪についての情報を募集します。

実際の伝承や説話から、それぞれが想像する身近なものまで、また怖い妖怪からかわいくて面白い妖怪まで自由で幅広い視点で教えてください。また妖怪のイラストや絵も併せて募集します。

応募してくれた妖怪の情報は「水木しげる 魂の漫画展」会期中に美術博物館に掲示します。展覧会と併せて是非ご覧ください。

募集期間/令和3年7月1日(木曜日)~9月26日(日曜日) *掲示は会期中のみ

【応募方法】 ご提供頂ける情報を下記のとおりお便りにてお寄せください。
・用紙は自由、ただしサイズはA4のみ
・文章または絵、もしくは両方でも可
・用紙後面に1.お名前、2.住所、3.電話番号、を記載してください。
・応募用紙は原則返却しませんのでご了承ください。
・宛先 〒444-0002 岡崎市高隆寺町峠1岡崎中央総合公園内 岡崎市美術博物館「 おかざき妖怪係」までお送りください。

 

 

関連資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、岡崎市のサイトを離れます)が必要です。

お問い合わせ先

美術博物館

電話番号 0564-28-5000 | ファクス番号 0564-28-5005

〒444-0002岡崎市高隆寺町峠1番地
開館時間 10:00から17:00まで(最終の入場は16時30分まで)

詳しくは美術博物館 | 岡崎市美術博物館ホームページ (okazaki.lg.jp)


*画像・内容はお借りしております。

お知らせ

全国的に新型コロナウィルスの感染が広がっておりますね。

ここ名古屋市・愛知県も徐々に感染者数が増えてきております。

皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

 

弊社夏季休暇のお知らです。


 

夏季休暇

8月11日(水)から8月15日(日)

 


尚8月16日(月)より通常営業となります。

 

また弊社顧客様に関しましては、上記期間中でも連絡が可能でございますので困り事・お問い合わせ等々・・・弊社顧客様用のホットラインに何でも構いません何かございましたら、ご連絡くださいませ。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

原画

 

少し前に発表されました鶴田一郎氏の仏画・和服系の新作原画です。

東海地方はなぜか?馴染みが薄い傾向にありますが、関西方面や九州方面では抜群の人気作品となっております。

 

 

 

 

 

*画像は株式会社鶴田一郎事務所よりお借りしました。

 

 

鶴田一郎氏の作品のお問い合わせは正規代理店の artbond までお気軽にどうぞ!!

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

MARVEL STUDIOS:A UNIVERSE OF HEROES

ちょっと変わった展示会?のご案内です。

松坂屋美術館でマーベル・スタジオのヒーロたちを象徴するアイテムが展示され、その世界観を楽しんで頂く内容だそうです。

マーベル好きの方にはタマラナ企画ですね!

是非、松坂屋美術館でご覧ください。

展覧会詳細

展覧会名
MARVEL STUDIOS:A UNIVERSE OF HEROES マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ
会期
2021年8月7日(土)→ 9月26 日(日) <会期中無休>
会場
松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)
開館時間
10時~19時30分 ただし、最終日9月26日(日)は18時閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)
入館料[税込]
一般 1,300円(1,100円)/高・大生 1,000円(900円)/小・中生 600円(500円)
一般ペア券(2,000円)
未就学児以下無料、小学生以下のお客様は保護者同伴でご入場ください。
※( )内は前売料金および、大丸松坂屋お得意様ゴールドカード、大丸松坂屋のカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイアランク以上、ディズニー★JCBカードをお持ちの方のご優待料金です。 ※日時指定券でご案内させていただく8月7日(土)〜8月15日(日)の期間中は、大丸松坂屋各種カード会員様、大丸松坂屋お得意様ゴールドカード会員様、大丸松坂屋アプリ会員様などの優待を除外させていただきます。 ※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添いの方1名様まで無料。 ※JFR株主ご優待カードをお持ちの方と同伴者1名様まで無料。 日時指定券でご案内させていただく8月7日(土)〜8月15日(日)も対象となりますが、混雑状況により、ご入場までお待ちいただく場合がございます。 ※一般ペア券は前売券のみでの販売になります。
★前売・一般ペア券特典:本展オリジナルステッカー1セット(2種各1枚ずつ) ※一般ペア券は2セット進呈 ※ご来場時に会場にてお渡し致します。
チケット発売日
前売券販売期間:6月12日(土)10時→8月6日(金)23時59分
※前売券の会場窓口での販売はございません。◆【8月7日(土)~8月15日(日)】の入場券は、日時指定で販売致します。
取扱:ローソンチケット(Lコード:43322)
ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」 https://l-tike.com/marvel2021_nagoya/
※日時指定当日券は前日23時59分まで販売致します(WEB予約は22時00分まで) ※日時指定券は予定枚数に達し次第、前売券は販売を終了いたします。 ※会場の窓口販売は、余裕がある日時に限り当日分を販売します。 ※指定日時にご来場いただいた場合でも、混雑状況により、ご入場までお待ちいただく場合がございます。◆【8月16日(月)~9月26日(日)】の入場券は、日時指定ではございません。
ローソンチケットのほか、チケットぴあ(Pコード:993-211)、イープラス、セブンチケット、CNプレイガイドで販売します。
チケット販売の詳細は公式サイトにてご確認ください。
※混雑状況によって整理券対応する場合やご入場いただけない場合もございます。 ※前売券の会場窓口での販売はございません。 ※コンビニエンスストアにてお買い求めいただいた前売券、当日券は松坂屋の契約駐車サービスはご利用いただけません。 ※小学生以下のみでの入場はご遠慮願います。 ※再入場はできません。 ※障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳)、特定疾患医療受給者証をご提示の方、およびその介添えのための同伴者1名様まで無料でご入場いただけます。 ※開催内容は予告なく変更になる場合があります。各種優待について>
主催
「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」名古屋実行委員会
特別協力
ウォルト・ディズニー・ジャパン
企画制作
「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」制作委員会
イベント公式サイト
https://dmdepart.jp/marvel_nagoya/
マーベル公式サイト
https://marvel.disney.co.jp/[外部サイトへリンクします]
詳細チラシ

https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/exhibition/2021_marvel/paper/index.html#page=2&rect=0_0_1018_720&color=0xff0000&scaleIndex=0

ご入場について
●入館の際、マスクの着用、アルコール消毒、検温をお願いいたします。
●諸事情により展覧会の中止や会期の変更となる場合がございます。
●会場内の混雑を適正に保てるよう入場者の制限をさせていただく場合があります。合わせて入場制限のために入場整理券を配布させていただく場合がございます。状況により、閉館前に配布終了となる場合もございますのでご了承ください。
物販について
●物販会場へは展覧会会場へのご入場・ご観覧後に限らせていただき、再入場はできません。
●物販会場へのご入場の際は、入場券の半券(入場済み)、もしくは入館証のご提示が必要となります。
●物販会場の混雑時には、入場制限のために物販会場入場整理券を配布させていただく場合がございます。
●展覧会の入場券は、当日会場にて販売するすべてのグッズの購入をお約束するものではございません。
●グッズは発売延期・中止になる場合がございます。
●表示の写真と実際の商品の色・形など若干異なる場合がございます。
●グッズの販売数に限りがございます。品切れの際はご容赦ください。
●グッズはそれぞれ購入個数制限数を設けさせていただく場合がございます。また購入個数制限数については会期中の状況により予告なく変更させていただく場合がございます。詳細は当日会場でご確認ください。
●転売目的でのグッズ購入はお断りさせていただきます。
●物販会場で販売する商品は、大丸・松坂屋のカードのポイント付与および大丸松坂屋お得意様ゴールドカードのご優待割引は対象外です。
●ご購入代金のご精算までに長時間お並びいただく場合がございます。

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

杉本美術館

個人的にも何度かお邪魔した事のある・・・・愛知県にゆかりのある画家・杉本健吉画伯の作品が所蔵してあります杉本美術館が閉館になるそうです。

 

まだ、ご覧になられた事の無い方は閉館まで時間がありますので一度ご覧ください。

 

愛知・美浜町の美浜緑苑内にある杉本美術館が10月31日をもって閉館することを発表した。

同館を運営する名古屋鉄道によると、来館者はかねてより減少傾向にあったが、新型コロナウイルスの影響によりさらに運営が苦しくなり、今年に入って閉館を決めたという。

なお、同館のコレクションはすべて財団法人杉本美術館が所有しており、今後の活用については検討中とのことだ。

杉本美術館は、岸田劉生の門下として洋画を学んだ画家でポスターや挿絵の制作も広く手がけた杉本健吉(1905〜2004)の、初期から現在までの作品すべてを収蔵している。

生前の杉本より作品寄贈を受け、1987年に名古屋鉄道が財団法人杉本美術館を設立して開館。

1994年には名鉄創業100年記念事業として新館も開館させた。

杉本美術館の本館では《新・平家絵物語屏風》や《聖徳太子絵伝》の画稿といった屏風や軸装作品を展示。

新館には《両界曼陀羅》や《空海像》を展示するために特別に設計された部屋が用意されている。また本格的な茶室としても使用できる和室「杉庵」も有する。

同館は現在、企画展「芸~舞・奏~」を9月16日まで開催しており、その後、最後の企画展を開催する予定。内容の詳細は検討中だが、杉本の生涯の活動を展観できるものになるという。

 

 

杉本画伯 略歴

1905(明治38) 9月20日 名古屋市に生まれる。
1925(大正14) 京都にて岸田劉生の門下生となる。
1927(昭和2) 主に鉄道関係の観光ポスターを作る。
1937(昭和12) 国画奨学賞を受ける (「宇奈月雪渓」)。
1940(昭和15) このころから大和の風物に魅せられ、奈良通いを始める。
1946(昭和21) 国展に奈良素描多数出品。第2回日展特選(「博物館彫刻室」)
1948(昭和23) 第1回中日文化賞(奈良風景を題材とした「タブローとしての素描」)。
1949(昭和24) 東大寺観音院上司海雲師の知遇を受け、観音院の古土蔵をアトリエにしてもらい、そこで奈良制作を始める。
1950(昭和25) 週刊朝日の吉川英治作「新・平家物語」挿絵担当。
1962(昭和37) 初めてヨーロッパへ海外スケッチに出る。以後毎年海外スケッチ旅行に出る。
1982(昭和57) 「中国スケッチ展」を名古屋・名鉄百貨店ほかで巡回。
1983(昭和58) 大阪四天王寺「聖徳太子絵伝」完成。
1987(昭和62) 中日新聞本社主催「杉本健吉披露展」を3月、名古屋・名鉄百貨店で開く。名古屋鉄道(株)により「杉本美術館」を4月、知多美浜緑苑内に開館。
1988(昭和63) 杉本美術館館長、本多静雄夫妻らと世界一周旅行。旅行記「地球一周絵のある旅」発行。
1989(平成元) 世界デザイン博に陶壁「迦陵頻伽」を制作する。右手を骨折したことを機に、左手でも創作をはじめ、あらたな画境を拓く。
1991(平成3) 旧友であった写真家入江泰吉の作品を収蔵展示する奈良市写真美術館のため陶壁を制作する。
1992(平成4) 胎蔵界・金剛界の両界曼陀羅を製作。
1993(平成5) 中国(北京)で吉川英治記念館・講談社等の主催で「日本画家・杉本健吉画展」を開催。
1994(平成6) 名鉄創業100年記念事業として杉本美術館新館開館。「画業70年の歩み 杉本健吉展」を愛知県美術館で開催。
2004(平成16) 2月10日、肺炎のため逝去。享年99歳

 


愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦