〜ミューズ達の祈り〜

かなりの大規模な内容の企画展になるようです。

今年の秋は京都へお出かけしましょう。

 

本日は株式会社鶴田一郎事務所よりご案内です。

 

 

醍醐寺鶴田一郎特別展〜ミューズ達の祈り〜
2022年10月15日(土)-12月4日(日)の期間
醍醐寺霊宝館にて鶴田一郎特別展が開催されます!
初期作品から現代まで約100点近い作品を展示します。
期間中は、ICHIRO TSURUTA galleryでもサテライト会場としてイベントなども計画予定してまいります。
皆様、ぜひスケジュールに入れておいてくださいね😊

 

 

 

*画像・内容は株式会社鶴田一郎事務所よりお借りしました。

 


 

 

愛知県,愛知,名古屋市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#

世界遺産 醍醐寺

今年の秋は京都の醍醐寺へGOです。素敵な素敵な展示会が開催されます。

 

本日は鶴田一郎先生からのお知らせです。

 

鶴田一郎先生コメント

今年の秋、京都の世界遺産醍醐寺に於いて、私の展覧会が開催されます。

大作も含め百作品以上の大展覧会となります。

秋も盛りの京都と共に御高覧いただければ、幸いです。(第一回告知ポスターです。)

 

*画像・内容は鶴田一郎先生よりお借りしました。

 


 

 

愛知県,愛知,名古屋市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#

Renovation

本日は籔内佐斗司氏のSNSより・・・・・・

 

 

 

Renovation
奈良県立美術館館長 籔内佐斗司
 東京や大阪のような大都市は、数十年に一度、大災害や大きな催しを契機に大改造されてきました。
戦前の渋谷は、代々木の練兵場に隣接した円山町が兵隊相手の花街に、あとは畑のなかに住宅が点在するという長閑な町だったそうです。
太平洋戦争の空襲で焦土と化したあと、練兵場は米軍が駐留するワシントンハイツになり、道玄坂、円山町界隈は風俗街となりました。
それが大きくさまがわりしたのが、1964年の東京オリンピックでした。
そして、バブル景気やここ10年ほどの渋谷駅を中心とした再開発などで、すっかり町の風貌が変わってしまいました。
 しかし、宮下公園近くの明治通りと山手線に挟まれた通称「のんべい横町」は、戦後の闇市の雰囲気を奇跡的に残した一角です。
約40軒ほどの居酒屋やBar、飲食店が、半世紀以上の時を止めたかのように今も元気に営業しています。
高度成長期には、サラリーマン達が仕事終わりのひとときを安価に過ごす飲み屋街でした。
そのころは、一見の若造にはなかなか近寄りがたい雰囲気でしたが、最近はカップルや女性連れもふらりと立ち寄れるようなお店が増えています。
とくに、人気ドラマ『深夜食堂』のセットそのままの街並みがSNSなどで海外へも発信されたために、新宿西口の「思い出横丁(私にはしょんべん横丁の方が馴染み深いですが・・)」とともに、インバウンドのころには、外国人観光客でごった返していて、日本人は入りにくかったそうです。
そのおかげで、おっかない女将や頑固親父(風)の店主のいる飲食店が減り、若者が切り盛りするおしゃれなBarやビストロなどが増えました。
コロナ禍以降は、外人さんの姿は激減しましたが、それでもどの店も盛況です。もっとも、4人も入れば満席の店ばかりですが・・・。
 この「のんべい横丁」は、昭和25年頃に渋谷駅周辺の再開発にともない、街を流していたおでん屋やラーメン屋の屋台を線路脇に集めて店舗にしたことに由来します。
ですから、いまでも一軒の単位は、屋台に準じているとのこと。
1階はキッチンと4〜5人で満席のカウンターで、2階は小さなテーブル席がふたつほど。
生理現象は、飲み屋街の一角に造られた共同トイレを使用しますが、酔っ払っていると、帰る店が分からなくなってしまいそう。
街をぶらついていると、テレビドラマの登場人物になったような錯覚を楽しめます。
 日本の街の再開発は、老朽化した建物を壊し、大きなビルを建てることが中心です。
しかし、建物が堅牢な欧米では、今ある建物をうまく利用して生き返らせる方法も盛んです。
日本と同じように戦火で廃墟となったニュルンベルグやドレスデンなどのドイツの古い都市では、建物はもちろん、小さな横丁や街路樹まで昔通りに再現し、中世の街並みを蘇らせたことはよく知られています。
またニューヨークのSOHOは、すっかりスラム化していた煉瓦造りの旧市街をアートやファッションの街へとみごとに蘇らせ、観光地に脱皮させました。
最近の東京でも、山手線や中央線の高架下が再開発されて活気づいています。
このように、今あるものに新しい価値と用途を与えるrenovationは、魅力的な街づくりの特効薬です。
 渋谷のんべい横丁の建物は、70年以上前の木造二階建の長屋が基本になっています。
戦後間もなくの建物ですが、一区画が狭く柱と壁が多いせいか、東日本大震災でもびくともしなかったということです。
しかし、おそかれはやかれ、消防法や耐震対応で、再開発せざるをえなくなるのでしょうが、建築家やデザイナー、そして行政は、この昭和の風情を含めて東京の文化財としてRenovationする方法を、今のうちから考えておいてほしいものです。
 私が学生の頃、夜の奈良町は真っ暗でした。引率の先生から、「奈良町は怖いから、夜はあまり出歩くなよ」と注意されたのを覚えています。
しかし、今では深夜まで営業しているこぎれいな飲食店や居酒屋も増えて、観光客が安心して遊べる街に脱皮しつつあります。
私も、知人が奈良にやってくると、お薦めの飲食店やバーを紹介しています。観光客が夜も遊べるような街にしないと、地域は栄えません。
 さて、来年には開館50周年を迎える奈良県立美術館も、大規模な改築の計画が進行中です。
興福寺の瓦工房の遺跡を取り込みつつ、美術館の運営方法も含めて、古都に相応しいRenovationをしたいと思っています。
図版;まるで映画のセットそのままの渋谷のんべい横丁と店舗地図
*画像・内容は籔内佐斗司氏のSNSよりお借りしました。

 


愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,籔内佐斗司価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#籔内佐斗司#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#籔内佐斗司価格#美術館#画廊#籔内佐斗司#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

Collector

 

昨日は久々に弊社顧客様のご自宅へ行ってお邪魔して参りました。

初めてお会いしてから30年弱・・・少し間がございましたが、わたくしが独立してから企画展に来て頂きました。

勿論わたくしと知らず、たまたま来て頂いたようで・・・・お会いした時にはわたくしの老けた姿に驚いたようすでございました*_*

お邪魔した内容は・・・・古くからの美術品のコレクター様でいろんな作家・作品を所有されておられます。

その一部に鶴田一郎作品が入っており終活で少しずつ作品の整理をしていきたとの内容でした。

ざっと拝見しましたが、凄い数と内容です・・・こんなにお持ちでしたっけ?と聞いてしましました。

原画作品が主で何年前の作品なのか?わからない作品も多々ありました。

数や作品の内容はお客様の希望により割愛させて頂きます。

以前は関東の業者さんでも購入されていたそうで・・・・ちなみにその業者は現在はありません。

その他の作家・作品もございますので、これからお話を進めていく事になります。

残念ながら作品の画像や内容のアップを打診しましたがNGでした。

また進捗状況もお伝え出来る範囲でして参りたいと思います。

 

ちなみに・・・・・artbondは

・海外・国内の美術品全般を中心に販売・買取致します。

・美術展・作家による展示会のプロデュースを行います。(企画展内容・会場確保・期間・集客方法・集客・販売まで全部ご相談させて頂き展示会の成功へと導きます。)

・海外・国内のオークション代行(お手持ちの作品で不要になった作品などを高値で売買する事が出来ます。)

・海外で作品をお探し致します(特にリキテンシュタイン・ウオーホル

ウェッセルマン・ジムダイン等ポップアートなどを得意としております)

・琳派後継者の鶴田一郎正規取扱い店

・籔内佐斗司の正規取り扱い店

等を行っております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#

マスク

早くマスクが外せる日がきますように!!

本日は籔内佐斗司氏のSNSより・・・・・・・・

 

 

 

 

 

マスク考
奈良県立美術館館長・籔内佐斗司
 人は、マスク(仮面)を着けると、別の人格に変身することができます。能楽師にとって、面(おもて)をかけることは神聖な行為です。
また、プロの着ぐるみの演者が、マスクを被って小さな目の穴から外界を見た瞬間、キャラクターが乗り移ると話してくれたことがあります。
Jim Carrey主演の映画『The Mask』(1994)は、うだつの上がらない銀行員が、川で拾った不気味な木のマスクを着けたとたん、魔神のような超能力を獲得して悪人相手に大活躍するというはちゃめちゃコメディでした。
ちょうど進化しつつあったコンピュータグラフィックスと実写をふんだんに合成して、大ヒット。最後には、一目惚れした彼女の愛を獲得し、「マスクなんかには頼らないよ」と仮面を川に捨ててしまういかにもアメリカ的なハッピーエンドでした。
キリスト教圏では、神に与えられた人格から変容することへの反発から、マスクにあまりよいイメージを持てないのかもしれません。
 一方、アジア人は欧米人に比べて顔を覆うことに抵抗感が少ないといわれます。
イスラム女性の「ヒジャブ」はよく話題になりますが、インドに残るゾロアスター教の神官は神聖な火を取り扱うときには白装束に白いマスクをします。
殺生を嫌うジャイナ教徒は、虫を吸い込まないように普段からマスクをして暮らしています。
日本でも、仏教の僧侶が仏餉や献茶を供えるときに白い布で口を覆います。文化財や刀剣を扱う時にも、息や唾液が掛からないように、布や紙で口を覆います。
そして、東アジアや東南アジア、インドには豊かな仮面芸能の文化が今も息づいています。
さて、14世紀に欧州を席巻したペスト(黒死病)の流行では、数千万人の死者が出たとされますが、その際に医療従事者が感染予防のために被った不気味な鳥のようなマスクは、今回のコロナ禍で開発された立体マスクの形状ととてもよく似ています。
ペスト菌は、新型コロナウィルスとは比べものにならないくらいの被害を人類に与えました。
カトリックの絶対的権威を大いに揺るがせ、イタリアでは人間性復活のルネッサンス、ドイツでは宗教改革に繋がったといわれます。
また第一次世界大戦のスペイン風邪では、君主制の時代が終わり、資本主義と社会主義の時代になりました。はたして今回の新型コロナウィルスは、現代社会にどのような変化をもたらすのでしょうか。
 コロナ以前に、プラスチックゴミの削減を至上命題として、「レジ袋の有料化」が推し進められました。
しかし、その後のコロナ騒動ではマスク着用がさかんに推奨され、殆どの日本人が、洗濯可能な布マスクから不織布マスクに切り替えました。
その結果、一日数千万枚のマスク(世界的には数億枚)がゴミとして排出されていることを、地球環境の観点からだれも問題にしないのは不可解です。不織布マスクの素材は、ポリプロピレン、ポリエステル、ポリエチレンなどで、レジ袋、ポリ袋と同じです。飲食店のテイクアウト食品も、みんなポリ袋に入れています。
レジ袋を目の敵にしていた元担当大臣氏が、こうした現状に発言しないのでは、風見鶏の誹りを受けてもやむを得ないでしょう。
マスクだけでなくその包装材料や、マスクケース、使い捨てのビニール手袋や消毒薬のポリ容器、飲食店のアクリル板はじめ、コロナ禍で天文学的な量のプラスチックゴミと医療廃棄物が生み出されています。
医療現場の逼迫はニュースになりますが、清掃事業の現場の声が聞こえてこないのはほんとうに不思議です。
脱炭素運動(Carbon neutral)とコロナ対策を、わかりやすく秤にかけて説明してもらいたいものです。
 日本政府は、新規感染者の増減に一喜一憂し、相変わらずマスク着用に縋っています。
しかし、物心ついてからずっとマスクが日常化している3〜4歳の子どもに、今後どんな影響が出るか本当に心配です。
家にいるときもマスクを絶対に取らない子や、親がマスクを外すと逃げ出す子など、深刻な影響が報告されています。
そもそも幼児期は、さまざまな病原体に感染して免疫力を獲得する大切な時です。その時期にマスクを着けていると、本来形成されるべき免疫力をつける機会を逃してしまいます。
「小さなこどもにはマスクは不要。かえって有害」と、心ある医療関係者や教育関係者は声を大にすべきでしょう。
さて奈良県立美術館では、来年の秋に開館50周年記念『仮面芸能の系譜』展の開催を予定しています。
そのころには、たくさんの仮面(マスク)を見ながら、「去年はみんなマスクをしていたねえ」と笑い合えることを心から願っています。

*画像・内容は籔内佐斗司氏のSNSよりお借りしました。

 


愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,籔内佐斗司価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#籔内佐斗司#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#籔内佐斗司価格#美術館#画廊#籔内佐斗司#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦