#鶴田一郎#まなざし#代表作#リトグラフ

昨年末にご案内致しました・・・・・・・鶴田一郎先生のモノクロ版画の代表作となります「まなざし」リトグラフが入庫しております。

なんと!内容・程度もGOODでございます。

 

 

「まなざし」は1994年に発表されましたリトグラフ作品です。

鶴田一郎氏の初のモノクロ作品として有名です。

また代表作としても有名でして高額で取引された実績もある伝説の作品とされております。

また、この「まなざし」が引き金となって現在まで何種類もの「まなざしシリーズ」の作品が発表され、どれも大人気作品となっております。

今回、その「まなざし」が入庫した次第でございます。

ネット上に掲載されている上記画像の色使いは濃くシャープな感じですが、現品はネット等で掲載されている画像とは全然黒色の加減が違い柔らかい色使いとその柔らかなラインに驚かされます。

 

今から27年程前の作品ですが・・・・弊社にてシート・額装いずれも厳しくチェック致しましたが全く問題の無い作品となっております。(差し箱は劣化して古くなっております)

鶴田一郎先生の代表作「まなざし」・・・まさかまさかの弊社顧客様は「まなざし」を所有されている方が大変多いので顧客様にはご興味は持って頂けない?☺ようなので、新規の皆様にご案内させて頂きます。

来年の企画展には展示予定にしておりますが、ご希望があればお見せする事も可能でございます。

価格等詳細もお気軽にお問い合わせください。

また、その他のビンテージ作品も多数所有しておりますので、ご案内も可能でございます。

お気軽にどうぞ!!

*名古屋市内でビンテージ作品のみ展示するのも面白いかなと、どこかで機会をつくれないか検討しております。

 


愛知県,愛知,名古屋市,大府市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#大府市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#

ブスの25ヶ条

本日は籔内佐斗司氏のSNSより・・・・・

 

 

 

 

 

 

館長の部屋 第58話
真善美
奈良県立美術館館長 籔内佐斗司
ソクラテス、プラトンの時代から「真(Truth)・善(Goodness)・美(Beauty)」の追求は西欧哲学の中心命題であり、藝術が表現すべきテーマでもありました。
これを具象化した「三美神(The Three Graces)」の絵画や彫刻は、古代ギリシア、ローマから、ルネッサンスを経て近代に到るまで、ヨーロッパで創られ続けられました。
わが国でも、「清く、正しく、美しく」は、人が身を修め、行動すべき道理の根本でした。
「清い」とは、よごれやくもりがない清浄なさま、すなわち清らかで潔い倫理観・宗教観といい換えることができ、八幡信仰を持つ武家にとってなによりも大切な規範でした。
「正しい」とは、偽りのない道理に叶ったさま、すなわち邪(よこしま)ではないということで、皇大神宮が表す神霊の正義をいい、天皇の正当性の証です。
「美しい」は、醜くなく優れているさま、すなわち審美観をいいます。
芸能や音楽の神である春日明神は、公家たちに美しくあることをなによりも求めました。
室町時代ころに、神が託宣したとされる日本人のあるべき「真善美」の姿を明文化した掛けものに「三社託宣(さんしゃたくせん)」があります。
骨董市に行けばいくらでも見かけるものですが、その内容を知る人はわずかですし、今や床の間に掛ける人は絶無でしょう。
三社とは、伊勢神宮と春日明神と石清水八幡宮です。天皇家に繋がる天照大神の伊勢神宮が「正」を、藤原氏(公家)に繋がる春日大社の春日明神が「美」を、武家に繋がる石清水八幡の八幡大菩薩が「清」を表し、皇室、公家、武家の日本の支配層のそれぞれの倫理規範であり、庶民は支配者がそれに倣って行動していれば安心でした。
しかし、明治維新の神仏分離と戦後の宗教的なものが教育から排除された結果、三社託宣を知る人は殆どいなくなりました。
しかし日本人なら心得ておくべき教養として教育現場に復活させるべきだと私は思っています。
「美しい」によく似たことばで「きれい、綺麗」がありますが、「きれいにする」「きれいである」のように文法的には「清潔なようす、整然としているさま」という状態を表す形容動詞で、形容詞の「美しい」とは品詞の種類も意味も異なります。
「美」という漢字は、「羊+大(人)」から成り立ちます。
黄河流域や乾燥地帯の遊牧民にとって羊は、羊毛と皮革と食料を提供してくれるとても貴重な財産でしたから、義、善、羨、祥、養、翔、群、羼などのように大切なものやたくさんを表す文字の多くに「羊」が使われており、その総体を「美」と中国人は考えたのです。
 清少納言の枕草子には、平安時代中期のインテリ女性が感じた「うつくしきもの」を列挙しています。
「瓜にかきたる稚児の顔」「雀の子の、ねずみ鳴きするに、をどり来る」「二つ三つばかりなるちごの、いそぎてはひ来る道に、いとちひさき塵のありけるを目ざとに見つけ、大人などに見せたる、いとうつくし」・・・。
清少納言は、総じて小さく無邪気で可愛いさまを「うつくし」と感じたようです。
 現代人が「美」の反対概念として考えるのは「醜(みにくい)」があります。
そして醜いひとを指して「ブス(毒、附子)」。
宝塚歌劇団には伝説の教え「ブスの25ヶ条」が伝わっています。
ここに挙げられた「ブス」とは、生まれながらの姿形ではなく、本人が自覚すれば矯正できる行いばかりです。
タカラジェンヌたちに「こうあってはならない、これと逆になるよう心掛けよ」との願いを込めて、どこかの愉快な知恵者が作ったものでしょう。
これは女性、男性を問わず、すべてのひとびとにとって、自分と社会が幸せになるための箴言です。
「真善美」は、ひとがひとであるために必須の徳目として、殺伐とした世相である今こそ大切にすべきことだと思います。
ぜひ「三社託宣」と「ブスの25ヶ条」を座右のことばとしたいものです。
図版;「三美神」「三社託宣」「ブスの25ヶ条」

*画像・内容は籔内佐斗司氏のSNSよりお借りしました。


愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,籔内佐斗司価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#籔内佐斗司#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#籔内佐斗司価格#美術館#画廊#籔内佐斗司#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

爆発だ💣

週末にいろいろCMや番組で取り上げられてましたが・・・・・・

 

芸術は爆発だ!!・・・・岡本太郎展が開催されてます💣

 

 

 

《太陽の塔》で知られる芸術家・岡本太郎(1911-1996)の大回顧展を開催します。

1929年に渡仏した岡本太郎は、抽象表現に影響を受けながら画家としてのアイデンティティを確立していきます。

帰国後、自らの芸術理念の核となる「対極主義」を提唱し、制作だけではなく『今日の芸術』、『日本の伝統』などの書籍を通じ文化・芸術論を展開。《太陽の塔》を頂点とするパブリックな空間に展開する巨大な彫刻や壁画など生活の中で生きる作品群は、「芸術は大衆のものである」という岡本太郎の信念そのものを象徴し、それ故に没後もなお、多くの人々を惹き付けています。

本展では岡本太郎の代表作を網羅しつつ、これまであまり注目されてこなかった晩年の作品なども紹介します。

基本情報

[会期]
2023年1月14日(土)~3月14日(火)
[会場]
愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
[開館時間]
10:00-18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
[休館日]
1月16日(月)、2月6日(月)、2月20日(月)、3月6日(月)
[観覧料]
一般 1,800(1,600)円
高校・大学生 1,400(1,200)円
中学生以下無料※( )内は前売券および20名以上の団体料金です。
※上記料金で本展会期中に限りコレクション展もご覧になれます。
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛護手帳)、特定医療費受給者証(指定難病)のいずれかをお持ちの方は、各券種の半額でご観覧いただけます。また付き添いの方は、各種手帳(「第1種」もしくは「1級」)または特定医療費受給者証(指定難病)をお持ちの場合、いずれも1名まで各券種の半額でご観覧いただけます。ローソンチケットほかでお買い求めいただき、当日会場で各種手帳(ミライロID可)または特定医療費受給者証(指定難病)をご提示ください。付き添いの方はお申し出ください。
※学生の方は当日会場で学生証をご提示ください。
[外部サイト]
展覧会公式サイト:https://taro2022.jp

展覧会公式Twitter:@okamototaro2022

[主催等]
[主催] 愛知県美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代振興財団、川崎市岡本太郎美術館、NHK名古屋放送局、NHKエンタープライズ中部

[協賛] NISSHA、三井住友海上

[お問い合わせ先]
ハローダイヤル
050-5541-8600(9:00~20:00 年中無休)

関連イベント

本日も・・・・chat noir. 🐈

昨日の投稿に関するお問い合わせを多々頂きましたので再度・・・・・・・・にゃんちゃん🐈好きの方?が多い?

・・・お問い合わせ内容は個別にお伝えさせて頂いております。

現在確認中の内容もございますので暫くお待ちくださいませ!!

本当、皆様ありがとうございます。

版画作品が発表されるのが待ち遠しいですね!

是非、タイミングが合えば弊社展示会で展示したいと思います。

では・・・・・・・・

 

本日は株式会社鶴田一郎事務所からのご案内です。

最新作の発表です。

 

鶴田一郎先生談

2023年の新作です。
chat noir. (シャ・ノワール) (黒い猫)
400mm×310mm
アクリルonボード
美しい女性に甘えるように擦り寄る黒い猫、でも本当の彼は髪飾の蝶を狙っているのかも。
そしてその蝶も今にも飛び立って、逃げてゆきそう。
楽しんで頂けるよう、ウィットのある絵にしてみました。
近々 ICHIRO TSURUTA gallery からジクレー版画として発売予定です。
宜しくお願い致します。

 

*画像・内容は株式会社鶴田一郎事務所よりお借りしました。

 


 

鶴田一郎作品の詳細等はお気軽にお問い合わせください。

 


愛知県,愛知,名古屋市,大府市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#大府市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#

chat noir.

本日は株式会社鶴田一郎事務所からのご案内です。

最新作の発表です。

 

鶴田一郎先生談

2023年の新作です。
chat noir. (シャ・ノワール) (黒い猫)
400mm×310mm
アクリルonボード
美しい女性に甘えるように擦り寄る黒い猫、でも本当の彼は髪飾の蝶を狙っているのかも。
そしてその蝶も今にも飛び立って、逃げてゆきそう。
楽しんで頂けるよう、ウィットのある絵にしてみました。
近々 ICHIRO TSURUTA gallery からジクレー版画として発売予定です。
宜しくお願い致します。

 

*画像・内容は株式会社鶴田一郎事務所よりお借りしました。

 


 

鶴田一郎作品の詳細等はお気軽にお問い合わせください。

 


愛知県,愛知,名古屋市,大府市,一宮市,瀬戸市,春日井市,江南市,日進市,清須市,長久手市,愛西市,あま市,半田市,東海市,知多市,岡崎市,刈谷市,豊田市,安城市,西尾市,知立市,みよし市,豊橋市,新城市,田原市,名古屋,岐阜県,岐阜市,多治見市,土岐市,美濃加茂市,羽島市,三重県,四日市市,鈴鹿市,亀山市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

#愛知県#愛知#名古屋市#大府市#一宮市#瀬戸市#春日井市#江南市#日進市#清須市#長久手市#愛西市#あま市#半田市#東海市#知多市#岡崎市#刈谷市#豊田市#安城市#西尾市#知立市#みよし市#豊橋市#新城市#田原市#名古屋#岐阜県#岐阜市#多治見市#土岐市#美濃加茂市#羽島市#三重県#四日市市#鈴鹿市#亀山市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦#