art-bond のすべての投稿

森川杜園展

本日は籔内佐斗司氏のSNSより・・・・・・

 

 

 

 

森川杜園展に寄せて 其の一
奈良県立美術館
館長・籔内佐斗司
 幕末から明治にかけて、さまざまな分野に驚くべき才能を持った俊英が日本全国にたくさん現れ、近代日本の黎明期に大活躍しました。
それは、政治・経済や産業分野だけでなく、学門や美術工芸においても、枚挙に暇がありません。
人口が今の四分の一くらいだったことを考えると、その数は驚異的です。わが国が、この激動期にこれだけの人材を輩出できたことは、江戸時代の幕藩体制が築き上げた類い希なる文化国家の成果であったといえるでしょう。
 私は、奈良の痛快漢・森川杜園(もりかわとえん、1820〜1894)もそのひとりに加えたいと思います。
幕末から明治にかけて大きく揺らいでいた神仏習合の宗教都市・大和国に、彼のような多才なアーティストが生まれたことは、当時のこの土地の文化程度の高さを物語っています。
 彼は、幼いころから絵画、木彫、狂言を貪欲に学び、またその才能ゆえに多くのひとびとから愛された異才でした。
興福寺御用の絵師で鹿の図を得意とした内藤其淵(ないとうきえん)に絵画を、木彫り師・岡野保伯に奈良人形の手ほどきを受け、やがて明快な彫刻面で構成される奈良一刀彫りの第一人者となりました。動物や舞楽や能楽を題材にした優れた木彫作品を制作しましたが、その造形は古様に倣っただけでなく、ひとめで杜園作とわかる童子体型で、滑稽味と味わいのある個性を持っています。
今は奈良町といわれる元興寺近辺の町屋に暮らし、興福寺や春日大社とも縁が深く、また能楽・狂言にも長けていました。
特に、狂言は自宅に稽古舞台を造るほどの打ち込みようで、当時の大舞台にも声がかかるほどの巧者であったといわれます。ですから、彼を木彫家で括ることには無理があります。
 そして杜園の自筆ではないかと言われているこの舞台の鏡板は、現在、春日大社で保管されているとか。
また彼の旧宅は奈良市中新屋町に現存していますが、現在の所有者が遊び心溢れる「ならまち刀剣ショップ杜園」を経営し、奈良町を訪れる観光客にも人気があります。
空襲を受けなかった市内に残っているこうした奈良の文化財は、日本の宝です。
 森川杜園の生涯を知るには『藝三職 森川杜園』(燃焼社、2012)がお薦めです。
これは、大津昌昭氏の綿密な考証と見事な筆致で展開する「伝記小説」なのですが、のんびりした大和弁のひとり語りがあまりにもよくできているために、杜園先生から直にお話を伺っているような錯覚を覚えるところが、ちょっと危険な書物です。
「これは、小説、小説」と確認しながら読み進める必要があります。
 奈良県立美術館の秋の企画展『生誕200周年記念 森川杜園展』が、9月23日(木・祝)から始まります。美術館では、ただいま展示と準備の真っ盛り。
そして、木彫家である私は、森川杜園について語りたいことは山ほどあります。11月14日(日)までの会期中に、あと何度か寄稿したいと思いますので、どうぞお楽しみに
*画像・内容は籔内佐斗司氏よりお借りしました。

 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,三重県,四日市市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,籔内佐斗司,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,籔内佐斗司価格,美術館,画廊,籔内佐斗司,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA,kazuhiko tamura,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#三重県#四日市市#神奈川県#鎌倉市#東京都#東京#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#籔内佐斗司#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#籔内佐斗司価格#美術館#画廊#籔内佐斗司#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

鶴田一郎美人画の世界犬山展は中止致します。

 

今週18日(土)より開催予定にしておりました鶴田一郎美人画の世界犬山展の中止の告知をさせて頂いておりますが、まだまだ犬山市・その近郊の皆様よりお問い合わせを頂いておりますので再度告知させて頂きます。

先週の金曜日にも掲載させて頂いた通り愛知県に発令されておりました緊急事態宣言の9/30までの延長に伴い中止とさせて頂いた次第です。

本日の新聞折込も中止に致しましたので、ご了承くださいませ。

 

顧客様より励まし?^^のお電話・メールなども頂きました。

皆様ありがとうございます。

 

緊急事態宣言中は買取等のご自宅訪問等は中止とさせて頂いております。

お問い合わせ等はOKでございますので何なりとお申し付けください。

宣言解除後速やかにお邪魔しての引取等は対応させて頂きます。(宅配便を使用しての引取は宣言中も可能です)

 

ちなみに・・・・・artbondは

・海外・国内の美術品全般を中心に販売・買取致します。

・美術展・作家による展示会のプロデュースを行います。(企画展内容・会場確保・期間・集客方法・集客・販売まで全部ご相談させて頂き展示会の成功へと導きます。)

・海外・国内のオークション代行(お手持ちの作品で不要になった作品などを高値で売買する事が出来ます。)

・海外で作品をお探し致します(特にリキテンシュタイン・ウオーホル

ウェッセルマン・ジムダイン等ポップアートなどを得意としております)

・琳派後継者の鶴田一郎正規取扱い店

・籔内佐斗司の正規取り扱い店

等を行っております。

 

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

早くコロナが収束しますように☆彡

artbond  田村和彦

 

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,美濃加茂市,羽島市,多治見,市土岐市,三重県,四日市市,亀山市,鈴鹿市,一宮市,犬山市,愛西市,あま市,東海市,瀬戸市,豊橋市,田原市,刈谷市,安城市,江南市,春日井市,知立市,豊田市,半田市,西尾市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#美濃加茂市#羽島市#多治見#市#土岐市#三重県#四日市市#亀山市#鈴鹿市#一宮市#犬山市#愛西市#あま市#東海市#瀬戸市#豊橋市#田原市#刈谷市#安城市#江南市#春日井市#知立市#豊田市#半田市#西尾市#神奈川県#東京都#東京#銀座#新宿#鎌倉市#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#高価買取#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

中止致します。

今週18日(土)より開催予定にしておりました鶴田一郎美人画の世界犬山展は中止とさせて頂きました。

先週の金曜日にも掲載させて頂いた通り愛知県に発令されておりました緊急事態宣言の延長に伴い中止とさせて頂いた次第です。

多くの皆様よりお問い合わせや励まし?^^のお電話・メールなども頂きました。

皆様ありがとうございます。

また明日の新聞折込も中止に致しましたので、ご了承くださいませ。

 

昨日にお問い合わせを頂きましたが、緊急事態宣言中は買取等のご自宅訪問等は中止とさせて頂いております。

お問い合わせ等はOKでございますので何なりとお申し付けください。

宣言解除後速やかにお邪魔しての引取等は対応させて頂きます。(宅配便を使用しての引取は宣言中も可能です)

 

ちなみに・・・・・artbondは

・海外・国内の美術品全般を中心に販売・買取致します。

・美術展・作家による展示会のプロデュースを行います。(企画展内容・会場確保・期間・集客方法・集客・販売まで全部ご相談させて頂き展示会の成功へと導きます。)

・海外・国内のオークション代行(お手持ちの作品で不要になった作品などを高値で売買する事が出来ます。)

・海外で作品をお探し致します(特にリキテンシュタイン・ウオーホル

ウェッセルマン・ジムダイン等ポップアートなどを得意としております)

・琳派後継者の鶴田一郎正規取扱い店

・籔内佐斗司の正規取り扱い店

等を行っております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

早くコロナが収束しますように☆彡

artbond  田村和彦

 

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,美濃加茂市,羽島市,多治見,市土岐市,三重県,四日市市,亀山市,鈴鹿市,一宮市,犬山市,愛西市,あま市,東海市,瀬戸市,豊橋市,田原市,刈谷市,安城市,江南市,春日井市,知立市,豊田市,半田市,西尾市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#美濃加茂市#羽島市#多治見#市#土岐市#三重県#四日市市#亀山市#鈴鹿市#一宮市#犬山市#愛西市#あま市#東海市#瀬戸市#豊橋市#田原市#刈谷市#安城市#江南市#春日井市#知立市#豊田市#半田市#西尾市#神奈川県#東京都#東京#銀座#新宿#鎌倉市#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#高価買取#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

中止

愛知県に発令されておりました緊急事態宣言の延長が昨日に正式に決定されました。

それに伴い関係各所といろいろ協議させて頂き来週に開催予定でした鶴田一郎美人画の世界犬山展は大変残念ではございますが中止させて頂く事に致しました。

新聞折込等すべての準備も済んで開催を待つのみの段階で緊急事態宣言下でも感染対策や入場者数制限を遵守すれば開催も可能ではありますが、何よりも第一にご来場者様の安全を考え中止という結果に至りました。

犬山市ご在住の方・顧客様よりもお問い合わせ・ご来場の予定も頂いておりました。

大変申し訳ありません。

会場の確保が出来きる日程が今後ありましたら犬山で開催したいと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

早くコロナが収束しますように☆彡

artbond  田村和彦

 

 


 

愛知県,愛知,名古屋市,名古屋,岐阜県,岐阜市,美濃加茂市,羽島市,多治見,市土岐市,三重県,四日市市,亀山市,鈴鹿市,一宮市,犬山市,愛西市,あま市,東海市,瀬戸市,豊橋市,田原市,刈谷市,安城市,江南市,春日井市,知立市,豊田市,半田市,西尾市,神奈川県,東京都,東京,銀座,新宿,鎌倉市,高松市,石川県,金沢市,美術,展示会,美術品,絵画,版画,陶器,木彫,ブロンズ,鶴田一郎,ガラス工芸品,買取,高価買取,オークション,原画,委託販売,彫刻,美術品,買取,版画買取,絵画買取,田村和彦,原画価格,鶴田一郎価格,美術館,画廊,鶴田一郎,展示会,artbond,ARTBOND,アートボンド,美人画,現代の琳派,代表取締役田村和彦,KAZUHIKO TAMURA, kazuhiko tamura ,名古屋市 田村和彦,名古屋 田村和彦,

 

#愛知県#愛知#名古屋市#名古屋#岐阜県#岐阜市#美濃加茂市#羽島市#多治見#市#土岐市#三重県#四日市市#亀山市#鈴鹿市#一宮市#犬山市#愛西市#あま市#東海市#瀬戸市#豊橋市#田原市#刈谷市#安城市#江南市#春日井市#知立市#豊田市#半田市#西尾市#神奈川県#東京都#東京#銀座#新宿#鎌倉市#高松市#石川県#金沢市#美術#展示会#美術品#絵画#版画#陶器#木彫#ブロンズ#鶴田一郎#ガラス工芸品#買取#高価買取#オークション#原画#委託販売#彫刻#美術品#高価買取#買取#版画買取#絵画買取#田村和彦#原画価格#鶴田一郎価格#美術館#画廊#鶴田一郎#展示会#artbond#ARTBOND#アートボンド#美人画#現代の琳派#代表取締役田村和彦#KAZUHIKO TAMURA#kazuhiko tamura#名古屋市田村和彦#名古屋田村和彦

THIS IS NOT A SAMURAI

 

野口哲哉展―THIS IS NOT A SAMURAI

開催期間
2021年9月18日(土曜日)から2021年11月7日(日曜日)まで
開催場所
刈谷市美術館 全館

鎧と人間をテーマに、現代性や人間性を問いかける現代美術作家、野口哲哉(1980年、高松市生まれ)。

多様な文化や感情が混ざり合うユニークな世界観は国内外の幅広い層に支持されています。

鎧を着た人物が所在なくたたずんでいるかと思えば、風船を見つめたり、空中に浮かんだり、時にはブランドロゴの付いた鎧を自然に着こなしたり。

一見ユーモラスに見える作品は、どこか物悲しい雰囲気を帯びており、そこには目まぐるしく移り変わる文明の中で、喜びや苦悩といった矛盾を抱えながら生きる人間の姿が鋭い視線で映し出されています。

本展では、鎧をまとう人々の彫刻や絵画など、初期から新作までの代表作約180点で、野口哲哉の幅広い思考や精緻な作品に込められた優しさと悲しさ、人間への好奇心にあふれた世界を紹介します。

 

会期
令和3年9月18日(土曜)から11月7日(日曜)

 

開館時間
午前9時から午後5時

※入館は午後4時30分前まで

 

休館日
月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火曜)

 

入場料
一般1,000円、学生800円、中学生以下無料

※前売券、団体料金の設定はありません。
※身体障害者、精神障害者保険福祉、療育の各手帳所持者及び付き添いの方(1名)は入場無料。入館の際に手帳をご提示ください(ミライロID可)

主催
刈谷市美術館、朝日新聞社

協賛
野崎印刷紙業

後援
愛知県教育委員会

 

関連イベント

 

野口哲哉展 公式Twitter・ウェブサイト

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策のため、日時・内容の変更、入場制限などを行う場合があります。最新の開催状況をご確認のうえご来館ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

刈谷市美術館
〒448-0852
刈谷市住吉町4丁目5番地
電話:0566-23-1636 ファクス:0566-26-0511